FC2ブログ

Home > パン日記/キッシュ > オリーブとソーセージとポテトの全粒粉キッシュ

オリーブとソーセージとポテトの全粒粉キッシュ

むーママ
mumama満足度 3.5
見た目 4四つ星
味 3三つ星

オリーブとソーセージとポテトのキッシュ

2日がかりのキッシュ作りになってしまいました。

2回の3つ折り作業を終えて、全粒粉で仕込んだパイ生地は、
何とか昨日のうちに焼けました。
すっかり完成したつもりになって満足してしまった。。。

さて、完成させてしまおう!

まずは、アパレイユを作って、ジャガイモは皮をむいてスライスしてレンジにかけて柔らかく。
ソーセージはスライスしてフライパンで炒めます。
それから、ブラックオリーブを小さくカット。

パイの中にこれらの具材を入れて、アパレイユを流し込む。

オリーブとソーセージとポテトのキッシュ

焼きあがったキッシュ。
スープとサラダと一緒に、今日のランチに頂いてみました。

オリーブとソーセージとポテトのキッシュ


ん~ちょっとパイの部分が分厚すぎたかな?
パイには2度、火が通るわけで、サックリした感じを通り越し、分厚さに加え硬くなったかな~。
薄めの、上品なパイがお好みです。
全体の合わさった味は、まぁまぁバランスが取れていたけど・・・悔やまれます。



話は変わり、秋深まるですねぇ~
こんな夜長は音楽でも聴きながらブログを書くことが多いのですが、うちはいつも平日ならFMインターネットラジオ「J-WAVE 81.3MHz」を、休日はitunesのラジオ番組でbluesのジャンルを聴いています。

女子カメラ - 散歩
江戸深川珈琲本舗 Nikon D200 ISO1400 F4.8 S1/30sec

ダァーはというと。。。

今はそれどころじゃ無さそう~
というのも、毎年恒例?のスノボのイントラ学科試験が10月半ばにあるからです。

スノボに試験なんてあるの?とお思いの方。
そうなんです。あるんですよ、これが。

イントラになるためにはたくさんの学科試験と実技学科に合格しなければならないんです。
しかも資格試験にはイントラだけじゃなく検定員、パトロールなどがあり、イントラ試験を受ける
ためには5級~1級あるバッジテストという実技試験に合格しないと受験資格を得られません。

バッジテスト5級

バッジテスト4級

バッジテスト3級

バッジテスト2級

バッジテスト1級

C級イントラ

B級イントラ学科
↓                
B級イントラ実技→ D級検定員学科 
↓                ↓
A級イントラ学科   C級検定員学科
↓                ↓
A級イントラ実技   C級検定員実技  
↓                  
B級検定員学科

B級検定員実技
↓                  
A級検定員学科

A級検定員実技

と果てしなく続きます。
ちなみにA級イントラはスクールの校長資格を持てます。日本には2000人程度いるようですが、実際にこの資格を活かしてスクール業務に従事している人は1/10にも満たないのではないかと思います。

ちなみにダァーは現在A級イントラ目指しています。
数年前にB級イントラとC級検定員資格を得てからは病気で山に行けず、来シーズンが始めてのA級挑戦となります。

月山
6月の山形・月山スキー場

バッジテスト1級からB級イントラに行くまでに技術的に相当高い壁があり、BからA級に行くには更に高い壁があります。
実技種目は7種目。その内落とせるのは1種目まで。あとは全て合格点に達しなければ資格を得ることは出来ない厳しい世界なんです。

ただ遊んでいるように見えるスノボの世界にもこんな厳しい現実があるんです。

ブログランキング参加中!
下の三つのバナーをそれぞれ押していただければクゥーがミャーと鳴きます (=^・^=)

にほんブログ村 料理ブログパン作りへ
↓パンレシピ集ブログのチェックはこちら (=^. .^=)

↓料理系ブログのチェックはこちら (=´∇`=)
人気ブログランキングへ

▼本日のレシピはこちら
<本日のレシピ>

1.材料として、薄力粉、全粒粉、バター、ゲランドの塩、冷水を用意します。
(水温5℃くらい)

2.バターは常温に出しておきます。
ボールに粉、塩、バターを入れて粉をまぶしながらスケッパーで刻みます。

3.バターが小さくなってきたら両手ですり合わせてさらさらした粉状にする。

4.冷水を数回に分けて回し入れ、練らないようにサックリと混ぜ合わせます。

5.生地をひとまとめにしてビニールシートに包み平らな正方形にして1時間ほど冷蔵庫で休ませます。

6.冷蔵庫から生地を取り出し、麺棒でのして1回目の三つ折りをします。
再び冷蔵庫で1時間ほど休ませます。
この作業をもう1回繰り返します。

7.生地を伸ばして4等分し丸型に整えてから麺棒で伸ばします。
(生地が厚すぎて、厚みのあるパイになってしまい反省)

8.フォークを使って生地に穴をあけます。

9.型に脂を塗り、生地をのせて隅々まで敷き込みます。

10.220℃で8分ほど焼きました。
(・・・2度焼くことになるので、ココではもう少し焼きをあまくしたほうが良かったと反省)

11.空焼きした生地に材料を入れてアパレイユを流し込み、チーズをのせます。

12.220℃で15分ほど焼きました。

13.完成です。



<今回の材料>
薄力粉 100g
全粒粉 40g        
バター 45g
ゲランドの塩 1.5g
冷水 60g

ブログランキング参加中!
下の三つのバナーをそれぞれ押していただければクゥーがミャーと鳴きます (=^・^=)

にほんブログ村 料理ブログパン作りへ
↓パンレシピ集ブログのチェックはこちら (=^. .^=)

↓料理系ブログのチェックはこちら (=´∇`=)
人気ブログランキングへ

いつも読んでいただきありがとうございます!
スポンサーサイト



Comments:2

netpet URL 2009-10-03 (土) 23:34

私は寒いところが苦手なんですが、以前、スポーツメーカーに
勤めていたこともあり、スキー・スノボの経験がそれなりにあって
知人のお相手が兵庫のゲレンデでインストラクターをしています。
なんでもそうでしょうが「極める」には素質と努力が必要ですよね。

私も”ヤルからには”って方なんで、ムキに雪へ向かっていきますが
いつも跳ね飛ばされていますw

フィールドはまったく違うけど、むーままの創作と旦那さんの挑戦が
同じ方向を向いているのが伝わってきます。
ウラヤマしぃ

むーママ URL 2009-10-04 (日) 18:13

素質もあったほうがいいのには違いないでしょうが、一番大切なのは継続は力なりでしょうか。
本人も病気から立ち直るときに、ボードでもう一度滑るのが生きる目標と言っていたので、
やる気をもち続けることが上達には必要かもしれませんね。

生きがいと趣味が一緒だったら最高ですね。
そんな生き方してみたいものです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mumamapan.blog56.fc2.com/tb.php/169-663d8e55
Listed below are links to weblogs that reference
オリーブとソーセージとポテトの全粒粉キッシュ from mumamaのレンジでごパン&女子カメラ (Bread recipe of mumama) / 東芝カロリエでパンづくり

Home > パン日記/キッシュ > オリーブとソーセージとポテトの全粒粉キッシュ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top