FC2ブログ

Home > 2010年05月

2010年05月

プチ・パン・オ・レ

むーママ
mumama満足度 4.5
見た目3.0
味6.0

こんにちは!
みなさん、GWは如何お過ごしだったでしょうか?

妊娠36週目+4日を迎えたmumamaです。



お腹がかゆくて、重いぃぃぃぃぃぃ~~~~



日に日にお腹がはちきれそうな状況になってきました。
そして、すっかりお腹が下に下がってきました。

予定は5月30日なんですが、既にベビーのほうは40週目の体型だと。
あと数日内には3キログラム超えに到達するんじゃないかと思います。

5月9日以前に生まれてしまうと書類上は早産になるらしいのですが、先生からは「いつ生まれてもいいわよ~」って言われてます。

そんな中でも日課のパンを焼いています。

今日はプチ・パン・オ・レで~す!

プチ・パン・オ・レ

右側のパンは焼き上がってすぐにアクシデントがあり、少し折れて表面にシワがよってしまいましたがご勘弁を!
このプチパン、”オ・レ”という名前からもおわかりのように小麦粉に乳製品を混ぜています。卵、バター、そして粉乳です。

そして、うちには珍しくモルトを入れました。
というのも、バターが比較的多く使用される生地の場合、フラザージュの最中にどうしても生地の温度が上がってしまい、小麦粉に混ぜる水とバターが馴染みにくくなるので、それを避けるために使用しています。他の効果としては、発酵を助ける、という役割もモルトにはあるんです。

ちなみにフラザージュとはフランス語で材料を混ぜる段階のことを言うのですが、うちはこのフラザージュにこだわりを持っています。

うちはミキサーやホームベーカリーで材料を捏ねることは一切やらず、フォンテーヌ状にして手捏ねしています。
うちは、パンづくりの醍醐味というのは、この手捏ねにあると思うんですよね。
生地と直接触れ合って対話することがとても楽しいんです。

それに手捏ねでは、手のひらに伝わる生地の温度により、生地温度が高いか低いかが直接わかることで、捏ねる加減がわかってきます。
また、温度が一定でも湿度が高ければ捏ね上げ温度は高くなる傾向になったりするので、そんな時はなるべく生地を触らないように短時間で捏ねたりする必要があります。

そういったことを機械任せにしたくないんですよね。

元々、パンづくりというのは自然素材を相手にしたものなので、どうしてもその日の条件によって出来がまちまちになってしまう・・・でもそこが良いんじゃないかと思うし、それがむしろ当たり前で、毎日同じように出来る、というのが不思議なんです。

そしてそんな苦難を乗り越えて上手く焼けた時に、初めて美味しいパンを焼くことの醍醐味が味わえるんだと思います。

パンづくりは 1+1は2にならない、でも2に近づけることはできる・・・そう思っています。

ブログランキング参加中!
下の三つのバナーをそれぞれ押していただければクゥーがミャーと鳴きます (=^・^=)

にほんブログ村 料理ブログパン作りへ
↓パンレシピ集ブログのチェックはこちら (=^. .^=)

↓料理系ブログのチェックはこちら (=´∇`=)
人気ブログランキングへ

Home > 2010年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top