FC2ブログ

Home > 2009年07月10日

2009年07月10日

黒ゴマきな粉パン

むーママ
mumama満足度 7
見た目六つ星
八つ星

きな粉でパンを作ろう!・・・ と、ナチュラルハウスへ買い物に行きました。
「黒ゴマきな粉」なるものを発見!



きな粉のみならず、黒ゴマまで入ってる!
こりゃ、一度で2度美味しいわ!。。。


「これ、Get」


袋の裏を見てみると、なんと黒糖まで入ってました。
2度美味しいどころではないぞぉ~。。。なんとも贅沢だ!


これ、絶対美味しいぞ!。。。 失敗しなければ! 黒ゴマきな粉パン

3つの丸が団子のように連なった形になるはずでしたが。。。
。。。詰めが甘いな!!!


。。。んまぁ、ふんわり、モッチリと焼けました。 (笑)



今日は、いつもより、1次発酵に時間をかけてみました。


冷蔵発酵して、その後さらに、2時間近く、
30℃の発酵器に入れて発酵させました。
。。。粘りました。


これが良かったのか、今日の生地の出来は、
自分で自分に◎です!



黒ゴマきな粉パン


いつもどおりご近所さんに味を聞いてみました。。。


くまちゃん
とても美味しい~。
中、外、味、バランスよくパーフェクトです!
見た目もかわいく、もっと食べたい!


つっちー
「和風の展開」が出来そうですね。。。
よもぎやいちご、夏みかんのドライフルーツも楽しいかも!
ブルーベリーも 「和」 ではないけど、ありかなぁ~。。。



・・・やったね!今日は美味しくできたようです。





- マンジャーレ!の言葉に隠されたもの -

ところで先日、日経新聞の夕刊にこんなことが載っていました。


ある人がイタリアに留学した時のこと。

ホームステイ先での初めての夕食で、そこのお母さんが留学生のお皿に食べ物を取り分けてくれました。次の日も、次の日も・・・

しかし、ある時留学生は、日ごろのお礼にと今度は自分がみんなの分を取り分けてあげました。
もちろん自分にもたっぷりと。

しかし次の日、お母さんが困ったような顔をしてその留学生に言いました。

もう少し食べ物を遠慮してもらえないかと・・・

留学生はてっきり、昨日のことでお礼を言われるのかと思っていたのですが違っていました。

実は、イタリアでは客人が来るからといって料理の分量を多目には作らないそうです。

慈悲の心というか、一つのものを皆で分かち合う習慣があるらしく、ホームステイ先の食事も留学生の分は家族全員が少しずつ融通して留学生に分け与えていたのです。

それを知った留学生は今まで自分が留学先の家族よりもたくさん食べていたことを恥じるとともに、本当の意味で家族に迎えられていたんだということを感じ、家族との距離がよりいっそう縮まったとのことです。

マンジャーレ!の言葉の裏にはそんなイタリア人のもてなしの心があることを知り、
何か今の日本人に欠けているものがあるようで、今でも心にひっかかっているのです。


ブログランキング参加中!
下の三つのバナーをそれぞれ押していただければクゥーがミャーと鳴きます (=^・^=)

にほんブログ村 料理ブログパン作りへ
↓パンレシピ集ブログのチェックはこちら (=^. .^=)

↓料理系ブログのチェックはこちら (=´∇`=)
人気ブログランキングへ

▼本日のレシピはこちら

レシピを見る

Home > 2009年07月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top